全身脱毛の痛みを和らげる技術

脱毛サロンの脱毛方法にはさまざまな種類があります。
昔は脱毛サロンの脱毛は痛いもの、という感覚がありましたが、現在では「すこし温かく感じる程度」というソフトなものまであります。
ただ、レーザー脱毛に関しては、まだ少し痛みをガマンする必要があるようですね。
脱毛をかんがえているけれども、痛みが不安だという人のために、痛みを和らげるどんな方法があるのかを調べてみました。

 

一番簡単なのは、レーザー脱毛の施術を受ける時間にあわせて鎮静剤を飲んでおくということです。
緊張して肌が硬直すると、よけいに痛みを感じやすくなるとも言われますので、痛みを和らげるために鎮静剤は効果があるかもしれません。
前の日にゆっくりと睡眠をとって、体をリラックスした状態にしてストレスを取り除いておくことも、施術前の大切な準備です。
逆に、カフェインなどの刺激物質は、感覚を敏感にしてしまうので、痛みを感じやすくなる傾向があります。
施術前には刺激物をとらないようにしたほうが無難でしょう。

 

皮膚科などでは、施術前に麻酔クリームを塗ってくれるところもありますので、不安な場合は確認してみるとよいかもしれません。
自分でできる対策としては、施術前によく保湿しておくということです。
施術直前は、洗顔をして素肌の状態で施術することになりますが、そのときに肌が乾燥していたり荒れていたりすると、痛みが強まってしまう傾向があるようです。
施術することが決まったら、その前の数日間は、保湿クリームなどを塗ってしっかりと保湿して、うるおいを保った肌の状態にしておくことが大切です。
健康な肌の状態にしておくと、施術したあとのダメージも少なくてすみますので、後々のためにもこの事前ケアはしておいたほうがよいですよ。

 

施術後の痛みを和らげるには、患部をあまりさわらないことです。
施術後には皮膚科や脱毛サロンでもきちんとクールダウンの時間をとって、皮膚を冷やしてくれるところが多いと思いますが、それだけでは十分ではありません。
レーザーをあててダメージを受けた皮膚は、しばらくは弱い状態になっています。
気になってついつい触ったり、こすったりしてしまうことで、さらに皮膚がダメージを受けたり、炎症を起こしたりしてしまうと、痛みが増すことになります。
肌の回復を促すためにも、できるだけ触らないようにしてください。
不安なことがあれば、施術前にも遠慮なくいろいろなことを質問して、問題を解決していきましょう。
脱毛の予備知識もしっかりしらべて頭にいれておくことで、不安や緊張を取り除くことができますので、痛みの軽減にもつながりますよ。
リラックスして施術を受けましょう。