家庭用脱毛の効果

ムダ毛が気になっていても、脱毛サロンでのムダ毛処理にはお金も時間もかかってしまいます。
自宅で脱毛を行っている人も多いでしょう。

 

一番手軽で簡単なのは、剃刀を使ってムダ毛を剃ってしまうことです。
シェーバーで剃るだけなので簡単にできますし、気付いたときにすぐ処理することもできて便利です。
電気シェーバーからカミソリまで、処理用の道具も安価にたくさん販売されていますね。
ただ、この方法で問題なのが、肌を傷つけてしまうことが多いことです。
怪我をしないように上手に剃ったとしても、肌の角質を削り取ってしまって肌荒れの原因になったり、毛穴が赤くなったりするので注意が必要な方法です。
また、ムダ毛がすぐにまた生えてきてしまうのも悩みになるところですね。

 

ムダ毛を目立たないように脱色するという方法もあります。
ただこちらは、脱色用の溶剤を直接肌に塗らなくてはいけないこともあって、肌荒れが心配です。
また、脇やVラインといった太いムダ毛にはなかなか脱色効果がないといったデメリットもあります。

 

除毛クリームを使うという方法もあります。
ムダ毛のある部分に塗ってしばらく放置し、その後に洗い流すと毛が抜けるというものです。
皮膚表面のムダ毛の根元を溶かすような効果があるので、毛先が丸くなって、新しく生えてくる毛先がチクチクしないという効果もあります。
ただ、こちらも塗って放置するあいだの肌へのダメージは少し不安が残ります。

 

ムダ毛を抜いてしまうという方法もあります。
ピンセットでもできますし、家庭用の脱毛器ならお風呂で使えるタイプなどもあります。これなら、多少の痛みはありますが、3日〜1週間ぐらいはきれいなムダ毛のない状態を保つことができます。
最近は、脱毛器といっても、光脱毛やレーザー脱毛ができる高機能の脱毛器もあります。
脱毛サロンと同じぐらいの高機能をうたっている機械もあり、興味深いです。
こういった機械は、何度か繰り返し使うことで、永久脱毛に近い効果を得られるものもあるそうです。

 

さまざまな家庭での脱毛方法がありますので、自分に合った方法で脱毛を行いましょう。
ただ、サロンや皮膚科などと違って、自己判断で脱毛を行うことになるので、脱毛後のケアが不十分になってしまうことも多いようです。
炎症などが起こらないよう、処理後には保湿をしたり、冷却をしたり、しっかりとケアするようにしましょう。
もし、何か異変を感じたら、すぐに皮膚科で専門医の治療を受けましょうね。